趣味にかけるお金について

皆さんは、趣味にどのぐらいお金をかけていますか?

勿論、趣味によって金額も違えば、自分の状況によってかけられるお金も違うので、一概には言えないと思います。

私は生活が苦しくならない程度に、ゆとりを持てる程度に意識した金額を趣味に充てています。

私の場合は多趣味で、映画を観たり、本を読んだり、ガーデニングしたりと、広く浅く様々なことに興味を持っています。

なので、締められるところはきっちり締めて、でも我慢しすぎずに趣味を楽しんでいます。

例えば、できるだけ映画がお安く観れるように工夫したりします。

そのためには前売り券を買ったり、○○デイ等のお得な日を狙ったり、ポイントカードを利用したりするのです。

また、本を読みたいなら、まずは図書館でどんな本かな?と軽く読んでみて、本当に欲しいと思ったら本屋さんで購入します。

お金を好きなことに使うためには、結局は節約がついて回るような気がします。

とは言っても、こんな風にお得にやりくりできる趣味ばかりではありませんよね。

特にアウトドア系の趣味ですと、何か難しいですよね。

私は比較的インドア系の趣味が多いので(アウトドアも好きですが)うまくやりくりしています。

でも、アウトドア系の趣味の方はどうなさっているんだろうと、ふと思ったりもします。

逆に、アウトドア系の方がお金がかからないぞ!なんていう風に言われたこともありますが、やっぱり趣味によりますよね。

多趣味は楽しいですが、思うようにやりくりできないと、どこかで我慢しなくてはいけなくなったりで難しいところです。

ですが、毎日を楽しくやっていきたいですね。

ちなみに、私はひどい便秘症だったのですが、先月ネットで購入したはぐくみオリゴ効果で、スッキリになりました。

 

 

手作りディップで野菜不足を解消!

最近、野菜をディップにつけてよく食べています。

これだと野菜本来の味や食感を楽しむことができるし、ディップを変えれば飽きることもないので、野菜不足を解消するためにもお勧めの食べ方なんです。

そんなディップも、私は野菜を使って作っています。

例えば、人参や辛味を抜いた玉ねぎ、そして、生姜をミキサーにかけて既製品のドレッシングと混ぜるだけです。

これだと、ほんのりとした味の人参と生姜の風味の効いたディップが簡単に出来ます。

玉ねぎのシャキシャキ感も口の中で感じることができ、面白いディップになります。

他にも、アボカドやそら豆、玉ねぎを同じくミキサーで荒くつぶした後、マヨネーズと合わせるとまろやかなディップが完成します。

こちらは野菜に付けるだけではなく、パンに付けても美味しく食べることができます。

アンチョビなどを入れると、また風味の変わったものとなるので、自宅にアンチョビがあるときは入れるようにしています。

これらに野菜をディップにつけて食べると、非常に食事が進みますし、野菜不足の解消にもつながります。

特に、アスパラやマッシュルーム、ブロッコリーとは相性が良い感じで、変なクセがなくて非常に食べやすいですね。

綺麗に盛り付けるとホームパーティなどでも出せますよね。

また、ディップにつける野菜も軽く塩ゆでするだけなので手間もかからず、私のお気に入りのメニューの一つとなっています。

これからは、もっと色々な食感と味の野菜を使ったディップ作りに挑戦し、それぞれの季節の旬の野菜を家族で楽しめていけたらいいなと思っています。

ちなみに、私はクレンジング酵素0で置き換えダイエットもしているので、毎日が体の疲れもなくて元気に生活できています。

 

 

お夕飯は白菜のミルフィーユ鍋だけど豚肉がない!

昨日のお夕飯は、小栗旬さんのCMで話題となったミルフィーユ鍋でした。

豚肉と白菜を交互に重ね、土鍋に敷き詰めるだけのお手軽鍋です。

味付けはほんだしだけでいいので、料理が苦手な人でも作れますよね。

白菜が安売りされた時は、よく作ります。

それで、昨日のお夕飯もミルフィーユ鍋を作ろうと思ったんです。

ほんだしだけでは物足りないので、私はお醤油も少し入れます。

だけど、冷蔵庫を見たら豚肉さんが無かったんですよ。

買ったつもりで買ってなかったんです(;´д`)トホホ

ふと、ランチョンミートの缶が目に入ってきました。

「僕を使って。」気のせいかもしれませんが、そんな風に言っているようです。

頼んでいるんだから、使わない手はないですよねぇ。

ところで、ランチョンミートって何か知っていますか?簡単に言うと、豚肉の缶詰です。

スパムと違うの?と疑問に思う人もいるでしょう。

スパムとランチョンミートは同じと言うより、ランチョンミートの商品名がスパムなんです。

何故か分からないけど、商品名のスパムで浸透しているんですよね。

だから、ランチョンミートと言うと、スパムと違うのって疑問に思う人がいるんですよね。

ランチョンミートの原料は豚肉だし、合うはずですよね。

でも、ミルフィーユのように重ねることは出来なかったので、白菜とランチョンミートを食べやすい大きさに切って煮てみました。

味付けは、ミルフィーユ鍋と同じでほんだしと、油を少しで大成功でした。

ランチョンミートの独特の風味と白菜がベストマッチでした。

 

 

美容のための朝の顏ツボ押しと葉酸サプリ

毎日のスキンケアは、結構念入りに行っている方だと思うのです。

ですが、どうしても寝不足が続いてしまったり、寝る前に水分を取りすぎてしまったりする時もあります。

そんな日の翌日は、顔がくすんでいたり、むくんでたりと、とってもがっかりなことってありますよね。

こんな時、私は顔ツボのマッサージをしています。

顔って、たくさんの美容に効くツボがあるのご存知ですか?

細かいツボの名前や効果などは一つ一つ覚えてなくっても良いんです。

とりあえず私は、眉、目、鼻、口と覚えています。

まず眉のツボは、眉間のそれぞれの眉の少し真ん中寄りです。

そこを指の腹でゆーっくり、5秒位押して離すを、5回繰り返します。

シワやタルミに効果があるんですよ。

次は目、両方の瞳の下の窪んでいる所の、更に下1センチ位の所を同じようにゆっくり押します。

ここは、むくみやシミくまに効果があります。

鼻は、小鼻の両脇のギリギリの所です。

ここはエイジングケアのオールマイティスポットです。

口は、下唇の下のヘコんだ部分の更に少し下です。

ここをゆっくり押すと、口周りのシワや吹き出物、それに口内炎などにも効果があるらしいのです。

もちろん私は、特別お肌の調子が悪い時だけしかしないなんて、もったいない事はしません。

毎朝、眉、目、鼻、口と唱えながら押しています。

おかげで、すっぴんの時の顔色が明るくなったように感じます。

それから、私は口周りの吹き出物が時々出るんですが、このツボ押しを始めてからは、ほとんど出ていません。

朝に時間がないと言う方は、夜のスキンケアの時間にでも試してみる価値はあると思います。

それと、お肌のために葉酸サプリをちょっと前から飲むようになりました。

葉酸って妊娠中の女性にしか、初めは関係ないだろうと思ってましたが、ある雑誌を読んでいたら、妊娠していなくても葉酸サプリを飲むとお肌のハリや潤いが違うそうです。

それで、色々ある葉酸サプリの中で私が選んだのが、baby葉酸なんです。

なぜかって言うと、baby葉酸の口コミが良かったからというのが一番の理由ですね。

 

 

私は美術館で特別展や企画展を見て回ることが好きです。

美術の展覧会情報を常にチェックし、できるだけ多くの美術展に足を運ぶようにしています。

その理由としては、日本の展覧会の質の高さ、海外の館より借りて来ている作品が多いことです。

そして、学生時代に教科書で勉強した作品の実物を見ることができた時の感動を味わえる、こと等が挙げられます。

一つ目の理由として、日本で毎年たくさん開催されている美術展はとても質の高いものが多いと思います。

これは日本人は、美術作品に関する興味と知識がとても高く、その分企画側も、有名な画家を取り上げる等、多くの来場者を惹きつけるテーマを常に考えています。

ですから、とても面白い内容の展覧会が、出来上がるからだと思います。

二つ目の理由として、多くの展覧会は海外の美術館より作品を借りて来ているということです。

通常、例えば、フランス、イタリア、スペイン、イギリス、アメリカ等の美術館に行かなければ見ることができない作品が、一度に一つの展覧会で見ることができます。

とてもお得感を感じられます。

そう考えると、この貴重な機会を逃したくないと、ついつい見に行ってしまいます。

三つ目の理由としては、学生時代に勉強した有名な美術作品を実際見た時に、感動を味わえるからです。

教科書でしか見たことのなかった作品は、実物を見るとほとんどの場合全く印象が違います。

例えば、教科書の写真で絵画を見ていると、大きさや色の雰囲気等を想像して、その作品のイメージが自分の中で出来上がります。

しかし、実際は想像していたより何倍も大きかったり、小さかったり、表面が立体的であったり、色が薄かったりと、想像と違うことが多いです。

それが分かった瞬間、やはり本物を見る大切さを実感し、感動を味わうことができます。

もっとも、こんなに元気なのは高麗のめぐみ効果があるからなんでしょうね。

 

 

スマホにつけるシールで100均とセリアで迷う!

先日、はじめてのセリア体験をしました。

セリアというのは100円ショップのことで、おしゃれでかわいい雑貨作りをしている人達の間で話題のところです。

私は雑貨作りはしませんが、1度は行ってみたいと思っていました。

私が住んでいるところには、今までセリアがなかったのです。

はじめてのセリアは、確かに新鮮な気持ちになりました。

小びんとかちょっとした小物がとてもすてきで、あれもこれもほしいと思ってしまいました。

けれどそこは冷静になり、自分がもともと探していたものに決めました。

それはシールです。

スマホにつけるシールがほしかったのです。

家族が持っているのとデザインが似ているスマホなので、自分のと間違って持って外出してしまったことがあります。

そのため、ひとめで違いがわかるようにつけるシールを探しました。

転写シールかその他のシールか、どちらにしようか迷いましたが、けっきょくはその他のシールにしました。

メタリックの色のもので、ぱっと目につく色のシールにしました。

目的のものが見つかったあとも、買おうかどうしようか迷うものがありました。

今家で使っているものでもじゅうぶんとはいえ、それはおしゃれではありません。

だからもっとおしゃれなデザインのものにかえようかなと思い、それがセリアにあったのです。

実用性とおしゃれさを両立するのは難しいもので(私だけ?)、使えればいいというのはちょっとさびしいです。

けれど100円ショップのものだと長持ちするのか?という問題もあり、ちょっと迷っています。

 

 

インフルエンザ感染症にかかったときの学校の適切な措置

今、全国的にもインフルエンザが大流行していますよね。

各いうわたしも去年のうちにインフルエンザA型に感染し痛い目をみました。

感染源は学生の弟が原因であるとわたしの家の場合は言えました。

去年の時点で弟の学校ではインフルエンザが大流行し、学級閉鎖に追い込まれたクラスが過半数をこえていたそうです。

そして、弟の周囲も風邪や熱での欠席者が多発し、本人自身「そろそろ自分か・・・?」と思ったそうです。

そんな中、学校側の対応が遅いと弟は思っていたそうで、感染者周囲の人間も保菌リスクが高いため拡散しないよう出席停止にすべきなのではと考えていたようです。

わたし自身の通っていた学校では、感染症に感染したと思われる人間の360度2名ずつが出席停止になるという措置がとられていました。

そのおかげか感染症は蔓延することなくシーズンを乗り越えることができたので、わたしの学校のような措置は正しいんだな、と思いました。

しかし、ここでなんで出欠席に差が出るのだろうと思い調べてみました。

すると、インフルエンザなどで学級閉鎖になる場合の基準はその自治体それぞれで、これ!といった決まりはないそうです。

確かに、わたしと弟の通っていた学校は自治体が全く違いました。

ですが、概ねクラスの全体数に対して10%から20%の人数が罹患すると、学級閉鎖にする自治体が多いそうです。

そして、艶つや習慣 効果じゃないけど、病気による欠席者は5日間、土日を含め7日間休むことが決められているそうです。

インフルエンザの感染力を考えれば妥当な期間だと考えられますね。

学級閉鎖に追い込まれたクラスで、まだ罹患していない子は「ラッキー!」なんて思う子もいるかもしれませんが、インフルエンザには潜伏期間というものがあります。

これは病原菌が体の中にとりこまれているものの症状として表れていない段階です。

しかし、この子も保菌者に該当します。なので、休みだからと言って、外出したり友達と遊んでいたりすると、ほかの人たちにまでうつすような状態になってしまいます。

なので、こういった感染力の強い感染症に対してはなぜその措置がとられているか考え行動しましょう。

 

 

 

複雑な人間模様と感情を結び付けたクズの本懐

現在深夜アニメとしても放送されている「クズの本懐」ですが、わたしは原作を最新刊まで拝見し、今一番心に滲みる作品として楽しませていただいています。

自分と同じように楽しみにしている方もいると思うのでネタバレしないよう魅力を話していきたいと思います。

このクズの本懐。

「本懐」とはもとから抱いている願い。本来の希望。本意・本望のことを指します。

このタイトルの通り、出てくる主人公たちは本当にクズです。(笑)

ただ、クズですが絶対に誰しもが心の奥底に持っている感情なので、どこか自分に刺さるところがあるのが特徴かもしれません。

主人公たちは高校生。

お互いにお互いがかけがえのある存在、その存在をわかりながら、さみしさや思春期の危うさを埋め合わせていく。

ただ、お互いの存在に対する意識やそれを囲む周囲の人たちとの関係、どれをとっても切なくて苦しくて、クズなんです。

恋心を中心にまわっているこの物語、クズと書かれていますが、未来性や打算的な考えを抜いた、本当に一途で真っ直ぐな恋心なんです。

ただ、頭が良い分あきらめや悟ってしまう主人公たち、はとても報われない気持ちになります。

ただ、クズなのは主人公たちだけではなく、オトナはオトナで年の分だけもっとクズなキャラクターも出てくるんですよね。(笑)

ただ、そのオトナの悟りのその先や空虚さ、自分の存在価値を見いだそうとするところも
切なくなってしまいますね。

そんなことを思いながら、一方で私の頭は明日のワーゲンゴルフ査定のことが気になっていました。

まさに、現実と空想の世界を行ったり来たりしている感じです。

ちなみに、原作単行本コミックでは、テレビアニメよりももっと大きく関係性が揺らいできていますので、これからの展開も見逃せないものになっています。

もし興味のある方は一読してみてください。

 

 

インフルエンザに感染して、やってしまった間違い

寒さがよりいっそうひどくなってきましたね・・・!

部屋の温度はいつも20度設定でヒーターを使っていますが、何より廊下が寒いです!!

そしてお風呂のあとの出た瞬間の脱衣所がものすごく寒い!!

出た瞬間、一瞬で血管が縮んだような、きゅっと締め付けられるような寒さがとても辛い。

そのため脱衣所でも小さなヒーターが頑張って仕事をしてくれています。

ただ、この対策は健康診断時の先生にとても褒められました。

やっぱり、自分が感じている「きゅっ」と締め付けられるような感覚は間違いではなく、寒さによって血管が細くなっているのだそうです。

そして、この温度差で血圧が変動して、脳梗塞や心筋梗塞が冬になると激増するみたいです。

特に、調節機能の低下したお年寄りの人は要注意だそうです。

思い返してみれば、自分のおばあちゃんも同じような状況で脳梗塞になっていたのを思い出しました・・・。

今はリハビリもすすんで元気に家庭菜園を楽しむまでになりましたが、やっぱり注意しなくちゃいけないんだな、と再認識です。

また、インフルエンザも流行中ですね!

赤ちゃん 便秘 解消 食べ物についてもインフルエンザになると、調べるのもできなくなります。

わたしはインフルエンザのワクチンを打っていたにも関わらず、既に感染しました(笑)

そして、かかり始めはただの風邪だと思って市販の解熱鎮痛剤を飲んでいました。

これが間違いでした!!

中途半端な解熱のせいで微熱続きになり、頭痛が耐えられない!と病院に駆け込めば時すでに遅し。。。

今、一番主流になっていて効果があるといわれているお薬を使うことができなくなっていました・・・。

やっぱり自己判断はいけないですね、しかも流行している最中ならなおのこと反省です。

まだ流行期を抜けていないので、マスク・手洗い・うがいは忘れず行っていきたいですね!

 

 

郵便はお役所仕事みたいだけど、事務員さんは美人です。

最近は、よく郵便物や宅配便が届くんですよね~。

今は書類文化だとは思っていたのですが、段々現実味を感じてきました。

今日届いたのは大学からで、インターネットのアクセスに必要なパスワードの通知書類でした。

サービスデスクで手続きが終わったと思っていましたが、新しいパスワードにしたからか、しっかりと郵送もされて届きました。

事務の人ってこの辺はちゃんとしているのか、していないのか、何だかお役所仕事みたいな感じもしなくもありません。

融通がきくようで、きかないような、何とも不思議な気持ちになってしまいます。

でも、この書類はちゃんと残しておかないと、後で聞かれた時に困りそうですから、私にとっては有り難いです。

なので、海外に滞在している間はなくさないように持っておこうと思っています。

でも、帰国するときは、忘れないように処分しないとって感じです。

それはそうと、先日その事務員さんが妊娠していることが分かったって言って喜んでいました。

何でも、葉酸サプリが大きかったそうで、何度もトライしてたけど、このサプリを飲むようになってから1か月で妊娠できたとか。

今はまだ妊娠初期なので、まだ仕事を続けるそうですが、お腹が大きくなってきたら産休を取ってお休みするそうです。

早く元気な赤ちゃんが産まれると良いですね。

あの事務のおねえさんだったら、頭も良さそうなので、生まれてくる赤ちゃんもきっと頭がいいと思います。

美人なので、男の子でも女の子でも、きっと美男美女なんでしょうね。

 

 

久しぶりに合った友達と話して思ったこと

今日は、久しぶりにオランダに留学している友達と合って来ました。

日本に帰ってきたのは、約半年ぶりぐらいですが、ホント久しぶりに合った感じがしました。

しばらく見ない内に、すっかり彼女は大人びて見えて、こっちが子供みたいな感覚になりましたよ。

その彼女が言うには、やっぱりオランダという国に根付いて生活していくためには、その土地の人と触れ合わないとダメだな~ってことだそうです。

私も、聞いていて、そうなんだ~って思ってしまいました。

元々、彼女は学生の頃から英語が得意でしたけど、内気な性格なので、周りの生徒としゃべるのにかなり抵抗があったそうです。

でも、このままじゃダメだって気付いて、次の日から勇気を持ってどんどん自分からしゃべるようになったそうです。

せっかく、留学までしてオランダに来ているのに、このまま周りとしゃべらないままでは、どんどん自分だけ世界から置いていかれる感じがあったと言っていました。

だから、久しぶりに合った彼女は、日本にいた時よりも積極的で外交的っていうオーラみたいなのがもう眩しくてwww

私も、やっぱり外に出ていかないとダメだよな~って、つくづく思ったわけですよ。

ちなみに、彼女が日本から欠かさずに取り寄せているのが、ふわり サプリ 効果なしとか行ってたけどそれだそうです。

そのサプリのおかげで、肌のツヤとかお化粧のノリが全然違うって言ってましたから、私も今度ネットで注文してみようと思います。

とりあえず明日は、仕事の調べ物で図書館に行って、WiFiアクセスのためのパスワードがもらえるかどうかをドコモで聞いてこようと思います。

大学の構内でWiFiにつながらないと、メールもちゃんと見ることができないし、パケット代がもったいないですからね。

この問題が解決すれば、気分的にもちょっとは気楽になるかなって思ったりします。

 

 

薬の怖さと日本のドラマの面白さ

ノバルティーファーマ社の薬の件が問題になっているみたいですね。

白血病の治療薬に副作用とかがあるのに、
それを伝えずに営業をしていたという話です。

へぇ~って思ってしまいますが、
現場の認識が甘かったぐらいの話で大丈夫なんでしょうか。

厚生労働省に届け出なければいけないレベルとのことなんで
ちょっと心配です。

賠償請求とかの話にも進みそうですよね~。

製薬会社への信用とかも落ち込みそうだよな~って
思ってしまいます。

ま、もともとそんなに信用なんてないんですかねwww

でも、どこも信用できなくなってしまったら、
どうやって生きていったらいいのかなって考えてしまいます。

ちなみに、日本のドラマって本当に面白いなって思ってしまいます。

みおつくし料理帖というのをやっていて、
北川景子さんが女料理人として活躍していました。

昔江戸時代には女性の料理人は珍しかったんですね。

理由は血の障りがあるからだったりしたみたいです。

女が作ったごはんってまかないだって思われていたらしくて、
結構勉強になりました。

幼なじみのこととか、TOKIOの松岡さん扮するお武家様との恋愛とか、
今後も続編がありそうな展開です。

ちょっと前回の話を知らないとついていけないかもって
ところもありましたが、とても面白かったです。

続編も楽しみにしています。