お夕飯は白菜のミルフィーユ鍋だけど豚肉がない!

昨日のお夕飯は、小栗旬さんのCMで話題となったミルフィーユ鍋でした。

豚肉と白菜を交互に重ね、土鍋に敷き詰めるだけのお手軽鍋です。

味付けはほんだしだけでいいので、料理が苦手な人でも作れますよね。

白菜が安売りされた時は、よく作ります。

それで、昨日のお夕飯もミルフィーユ鍋を作ろうと思ったんです。

ほんだしだけでは物足りないので、私はお醤油も少し入れます。

だけど、冷蔵庫を見たら豚肉さんが無かったんですよ。

買ったつもりで買ってなかったんです(;´д`)トホホ

ふと、ランチョンミートの缶が目に入ってきました。

「僕を使って。」気のせいかもしれませんが、そんな風に言っているようです。

頼んでいるんだから、使わない手はないですよねぇ。

ところで、ランチョンミートって何か知っていますか?簡単に言うと、豚肉の缶詰です。

スパムと違うの?と疑問に思う人もいるでしょう。

スパムとランチョンミートは同じと言うより、ランチョンミートの商品名がスパムなんです。

何故か分からないけど、商品名のスパムで浸透しているんですよね。

だから、ランチョンミートと言うと、スパムと違うのって疑問に思う人がいるんですよね。

ランチョンミートの原料は豚肉だし、合うはずですよね。

でも、ミルフィーユのように重ねることは出来なかったので、白菜とランチョンミートを食べやすい大きさに切って煮てみました。

味付けは、ミルフィーユ鍋と同じでほんだしと、油を少しで大成功でした。

ランチョンミートの独特の風味と白菜がベストマッチでした。