便秘と口臭の関係について

便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになりますよね。

そうなると、口臭の原因となります。

毎食後に歯ブラシをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を伝わって、口臭として現れるのだそうです。

この場合、便秘が治ると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

なので、便秘に効く食べ物として、バナナにヨーグルトを毎日食べています。

毎朝食べている間に、最近、便秘が良くなって感じがします。

あんなにも頑固で、大変だった便秘が解放されたし、便秘薬を飲む必要もないので、今ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできています♪

ちなみに、ヨーグルトの乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも便秘や下痢に効力を発揮するとのことです。

なぜなら、腸の中の善玉菌を増殖指せることで、腸の中が活発化し体内に停滞していた便が出されやすくなります。

その為、便秘や下痢になりにくくなるからだそうです。

乳酸菌ヨーグルトを毎日取り入れることで、整腸効果が高まりますので、これからも続けて行こうと思っています。

あとは、ヨーグルトなどの発酵食品には、肌をキレイにする働きもあるそうです。

例えば、ヨーグルト同様にお味噌や納豆といったものも、乳酸菌をふくむ食品のようです。

私は「乳」とついているから、てっきり乳酸菌は乳製品だけかと勘ちがいしていました。

これはちょっと、男性の性病検査キットみたいで、いい大人が恥ずかしいですね。